読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカ×ナスカラ ~那須烏山市の物語~

栃木県那須烏山市に東京出身の若者が地域おこし協力隊として移住。

世の中に自分のことを知ってもらうための、たった一つの方法(前編)

自分について

 

 

自己紹介をすることです(迫真)

 

どうも、初めまして。タナカと申します。

10月1日から那須烏山市において『地域おこし協力隊』に採用されまして、

それを機に、ブログを開設しました。

 

見ず知らずの方に少しでも興味を持っていただくために、

自分の人生を切り売りしてネタにしたいと思います。

※以下、閲覧注意 

 

 

【高校・浪人編】

→高校時代

 

 

結論から言うと高校時代の僕は、本当にクソ野郎だったと思います。
授業中に友人とガ〇ダムVSガン〇ムを延々とプレイしたり、友人たちとピクトチャット(死後)で遊んだり、
今思えば、ゲームしかしてないですね。放課後は、軽音部でしたがほとんどカードゲームとバスケでしたし。ギター弾く時間なんてない!ドロー!!
あとは廊下でサッカーをしたり、放課後の教室でシュークリーム・ボンバーバトルをして、負けた友人に対して頭からコーラをかけたりしてました。

ただの鬼畜ですね、わかります。

 

→高校卒業後、浪人する

そんな僕も高校を卒業し、お金稼ぐためにバイトを始めました。

バイトしながら浪人生。もうこの時点で死亡フラグビンビンですね

案の定、僕は気の合う仲間と無限にゲームをし続けました。
クーラーを入れ続け、一日中ゲームをしていたので、
一人暮らしにも関わらず電気代が約2万円以上になったのを覚えています。
そうです。僕はアホなのです。

 

そうして季節は過ぎて11月。

浪人生僕「センター試験申し込みっていつだっけ?(ゲームしながら)」

大学生友人「余裕で終わってるよ」僕「そっかー……えっ

 

 

【大学・配膳バイト・燃え尽きるまで・どう考えてもこれじゃねーな編】

 

→教員志望だったため、なんとか入った大学


大学に入ったものの、よく遊ぶのは相変わらず高校時代の友人たち。
またバイト仲間(もはや戦友)同士の関係も良く、大学で友人を作るつもりもなかったのです。

僕「大学ってくっそつまんねーな。行く意味あんのか?」

そう思った僕は、居心地のいい某すき家を退職し、ゲームセンターやカフェでバイトを始めました。
ゲームセンターは時間帯が深夜で、生活リズムがぐちゃぐちゃになったので退職。
カフェでは、圧倒的に店長とソリが合わずに退職しました。
その前後のタイミングで、高校時代の友人から高時給でいいバイトがあると話を聞き、

そこに飛びついたのです。

 

→配膳との出会い

友人からの紹介でメールをもらい履歴書を携えて向かった先は、なんとホテルだったのです。
実際に採用してもらい、働き始めると非常に楽しかったです。
職場が華やかで明るくて笑顔が絶えず、何より同世代が多い。
そして、先輩にはみっちり仕事を教えていただきました。

 

単純な僕は、すぐにこの仕事の虜になったのです。

「披露宴のサービス楽しー!仕事っておもしれー!もっとしっかり取り組む方法ないかな……せや!大学やめよ!」(極論)


そう考え、すぐに大学を中退しました。
全く必要のない行動力には定評があります。(大学やめたり、シュークリーム・ボンバーバトルを実施したり。)
こうした背景もあって、僕はより一層仕事にのめり込んでいきました。

 

長くなったので一旦この辺で。職場で書いてるってのもあるけど

 

ではでは。